複合型フードホール「Meiji Park Market」が都立明治公園内にグランドオープン

複合型フードホール「Meiji Park Market」が都立明治公園内にグランドオープン ニュース
「Parklet Kiosk」のコーヒーやアイスクリーム、「Parklet」のサワードウブレッドやペイストリー、「Baby J’s」のバターミルクフライドチキンなどを選びながら楽しむことができる

「Meiji Park Market」は”公園の中の公園”をイメージした、子供も大人も和やかな時間を過ごすことができる場所。天然素材を用いたサワードウブレッドなどが人気のベーカリー「Parklet」と、そのカフェ部門がスピンオフしたコーヒースタンド「Parklet Kiosk」、そしてバターミルクフライドチキン専門店「Baby J’s」の3店舗が集まった複合型フードホールです。先行して3月11日(月)に「Parklet Kiosk」のみオープンしましたが、この度「Parklet」と「Baby J’s」が加わり、グランドオープンを迎えることとなりました。

大きな窓から自然光が差し込む、気持ちのいい店内

広い店内にはフロアの中央に食堂のようなパブリックスペースがあり、まるで公園のベンチに腰掛けるような感覚で飲食や休憩のスペースとしてお使いいただける、地域に開かれた場所となります。テイクアウトして明治公園内のベンチなどでお楽しみいただくのもおすすめです。

◼︎ Parklet / Parklet Kiosk

サンフランシスコのベーカリーカフェと、カリフォルニアキュイジーヌをルーツとした店主ケイト(Kate Jaksich)とジェイジェイ(Jerry Jaksich)が、「日本に本当に美味しいサワードウブレッドの店を作りたい」という思いで、日本橋にオープンしたベーカリーカフェ「Parklet」。天然酵母のパンや、丁寧に関係を築いた生産者から仕入れた素材を使った食事、地球環境に配慮したコーヒーやナチュラルワインなどが朝から夕方まで楽しめます。

日本橋店に引き続き、人気のオープンサンドや、地球環境に配慮したコーヒーやナチュラルワインを提供
お子さまも大喜びのアイス。「ブラックセサミ」(手前)と「ストロベリー」(奥)

その「Parklet」の2店舗目として、ベーカリーとコーヒースタンドが独立した形で「Meiji Park Market」内にオープン。日本橋店と同様にオープンサンドやサラダプレートを提供するほか、建物の明治通り側にはコーヒースタンドとして「Parklet Kiosk」が設けられ、スペシャリティコーヒーやアイスクリームなどを提供いたします。国立競技場駅や外苑前駅、原宿駅から徒歩圏内であるため、気軽に立ち寄ってテイクアウトできるスポットとしても最適です。

◼︎ Baby J’s

日本橋の「Parklet」を手掛けたケイトとジェイジェイが、2020年に札幌で立ち上げたバターミルクフライドチキン専門店。今までは路面店を構えておらず、東京や札幌、博多など各地のポップアップストアで、アメリカ南部のソウルフードであるバターミルクチキンを使ったフライドチキンサンドイッチなどを提供してきました。販売開始から数時間で完売するなど根強いファンを多く抱えており、東京で実店舗を構えるのは今回が初となります。

Kate(右)とJJ(左)の2人
看板メニューの「バターミルクフライドチキンサンドイッチ」

店内にはベンチやテーブル席、カウンターなど様々なエリアに80席を用意。なるべく自然や遊び心を感じられる空間でありたいと考え、無垢木材のカウンターやベンチ、有機的な形状の木製テーブルなどに加えて、公園らしい色使いで構成しています。客席は広いテーブル席からスタンディングのカウンターまでご用意しており、多様なシーンでお使いいただけます。都心にいながらも、公園ならではの開放感のある心地よい店内空間となっています。

家具や什器から、スタッフエプロンやマグカップ1つに至るまで、多種多様な素材や色使いが散りばめられた空間に
ベーカリー「Parklet」のキッチンはオープンな作りで、実際にパンを作っている様子も見ることができる

◆ 運営会社 株式会社Staple 代表 岡雄大からのコメント

私たちStapleでは、これまで徒歩20分圏内の手の届く「ご近所」にフォーカスした企画・デザイン・開発・運営を行ってきました。創業から5年間は瀬戸田と日本橋での活性化プロジェクトに関わってきています。2024年は、長門湯本や函館をはじめとした複数のローカル地域でも、街の未来と向き合っています。

 

これまで、それぞれの地域の価値を引き上げる宿泊施設と、その地域の生活の豊かさを体現する交流拠点を育てることを目標にしてきました。その中で、地域の交流拠点として着目をしてきたのが「公園」です。今回のMeiji Park Market では、自社の持つ店舗運営経験やネットワークを活かして複合的なフードホールを生み出すことができました。遠くから国立競技場周辺を訪れる方々にも、周辺住民の方々にも使いやすい、”公園の中の公園”になってくれたらと思います。

 

また人口減少化などで公園の維持が難しくなっていく状況の中、官民が手を取り合って公園を成長させる「Park-PFI制度」は、Stapleが今後関わっていく「ご近所」においても活用したり、積極的に事業者として手を挙げていきたいと思っています。

 

・Meiji Park Market インスタグラムアカウント

Instagram

 

・広報写真素材はこちらのリンクよりダウンロードしてご使用ください。

Meiji Park Market Press Photo
Shared with Dropbox

 

 

◆ 都立明治公園について

都立明治公園は、「世界に誇れる、東京という都市の“レガシー”となる公園を創り、責任を持って持続的に運営、希望と誇りと共に次世代へ継承」をコンセプトに、2024年1月にオープン。公園内には、国立競技場を臨むシンボル的な位置づけの「希望の広場」、円形デザインが特長の「インクルーシブ広場」、渋谷川の水景を現代風にアレンジし再現した「みち広場」の 3 つの広場と、約7,500 ㎡を有す樹林地「誇りの杜」を整備。5棟の店舗棟が配置されています。当社は、店舗棟A棟の一階に入る「Meiji Park Market」として「Parklet」、「Baby J’s」、「Parklet Kiosk」の計3店舗の企画・運営を担っていきます。

 

都立明治公園に関するプレスリリースはこちらです。

東京都初のPark-PFI事業「都立明治公園」 2024年1月31日より園内店舗オープン
東京建物株式会社のプレスリリース(2024年1月17日 13時18分)東京都初のPark-PFI事業「都立明治公園」 2024年1月31日より園内店舗オープン

 

◆ 「Meiji Park Market」店舗概要

店名:Meiji Park Market

住所:〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町5-7 都立明治公園内A棟 1F

面積:336.28㎡(101.73坪)

席数:80席(店内)20席(テラス・予定)

営業時間:最新の営業状況は店舗インスタグラムアカウントをご参照ください

 

◆ 「Parklet」「Baby J’s」共同オーナー Chicken&Pan株式会社について

会社名:Chicken&Pan株式会社

代表:Jerry Jaksich & Kate Jaksich

所在地:東京都中央区日本橋小舟町14-7 SOIL Nihonbashi 2F

登録日:2019年1月15日

 

◆ 株式会社Stapleについて

会社名:株式会社Staple

代表取締役:岡雄大

所在地:(本社)広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田433番地

設立年月日:2018年11月5日

Web:https://staplejp.com/

Instagram:https://www.instagram.com/staple__inc/

Facebook:https://www.facebook.com/staple.inc/

 

お問い合わせ先

Meiji Park Market 広報担当:kohei@kiiiro.jp

 

引用元

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000080587.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました